フリーペーパーHoo-JA!公式BLOG。編集部の日常と取材裏話。新居浜と西条のマニアックスポット探訪も。
by フリーペーパーHoo-JA!
検索
最新の記事
生きものの宝箱や〜
at 2017-07-20 19:12
アツヲに訊け!スーパー![31]
at 2017-07-19 22:16
Hoo-JA!310号 配布..
at 2017-07-18 18:18
これで何個目?
at 2017-07-17 20:11
暑いですね
at 2017-07-16 03:34
ときどき
at 2017-07-15 23:59
カミキリムシ
at 2017-07-14 20:10
虫に好かれる?
at 2017-07-13 19:03
エナジードリンクの逆
at 2017-07-12 20:01
高級スピナー・・・
at 2017-07-11 19:09
掛け声希望
at 2017-07-10 18:49
歌いまくり
at 2017-07-09 22:50
雨ポス
at 2017-07-08 23:59
猫と雨・・・
at 2017-07-07 18:25
どこから食べる派?
at 2017-07-06 19:53
アツヲに訊け!スーパー![30]
at 2017-07-05 22:22
Hoo-JA!309号 配布開始
at 2017-07-04 09:11
きゃわいいスタンプ
at 2017-07-03 18:56
激アツ
at 2017-07-02 23:16
知らぬ顔
at 2017-07-01 23:59
記事ランキング
カテゴリ
全体
編集長 
マリリン@制作部
ミキティ@編集部
カトリーヌ@制作部
アツヲ@営業部
GEN@営業部
あゆてぃん@制作部
なう@総務部
アツコ@ポスティング部
☆子@営業部
ターボー@営業部
マゼンダ@制作部
ドイヒー@営業部
学生@職場体験
etc...
タグ
(1816)
(1513)
(427)
(366)
(211)
(159)
(112)
(97)
(91)
(89)
(59)
(54)
(46)
(39)
(29)
(26)
(20)
(16)
(15)
(11)
Ninja_blog-top
  • ©ホージャクリエイト
僕のだいたいの恋とサンデー部長の車の話

アツヲです。

外国の古い舞台俳優が言った「いい男は女の子にキスをしながら許可を取る。ダメなやつは許可を取ってからキスをしようとするのさ」この言葉の後ろ半分は僕のことだ、おそらく。

これは僕の話でありサンデー部長の話でもある。

四畳半で暮らす貧乏学生がインスタントラーメンを生で齧るように、手持ち無沙汰な営業マンは決まって自分の営業車の洗車を始める。
それは車でも洗ってないとやってられないほど、退屈な春の朝だった。
僕たち以外のメンバーが姿を見せ始めるにはまだ幾ばくかの時間が、ゆっくりと流れる大きな川のように横たわっていた。そしてオフィスの電話はまるで眠った猫のように机にうずくまり、そのベルを鳴らす気配は無かった。

その時、僕たちの目の前には3ヶ月は洗っていないであろう、水垢だらけのサンデー部長の愛車があった。
部長は煙草を吸いながらまるで靴底についたガムでも見るように、何度かその車と僕とに交互に視線を飛ばした。
僕はやれやれとベンチから腰を上げ、物置からバケツと雑巾を取りだした。洗車用の洗剤なんてもちろん無かったので、キッチンから適当な食器洗い洗剤を調達した。
何もないよりはましだし、今あるものを出来るだけ有効に代用すべきだ。人生とはそういうものだ。

汚れは面白いように落ちた。
上司の喜ぶ顔がもっと見たい。その一心で僕はくまなく隅々まで車を磨き上げた。

不幸なことに僕らがただの洗剤だと思っていたその濁った液体がクレンザーだと分かったのはボディを覆うコーティングがすっかり落ちた後だった。
愛車の艶を失った部長と上司の信頼を失った僕の前にはペーパークラフトのような純白の軽自動車だけが残った。
部長は僕の方を向いて何か言おうとしたが、ちょうど前の道路を大きなトラックが通って何も聞こえなかった。
僕はなるべく車が視界に入らないように半分目を閉じてオフィスに戻った。
最後に自動販売機の影からちらりと覗くと、ベンチに座って愛車を眺める部長はこの数十秒で幾分か老け込んでしまったように見えた。

あれからまた何度か春がやってきて、同じ数だけ夏や冬や恋だとかが通り過ぎた。
相変わらず僕は、あらゆる女の子に「ねぇ、キ、キキ、いや、いいんだ」と語りかけ、その度に二人の間を気まずい沈黙が支配した。
そのようにして僕は28歳になった。

今でも部長とあの車の話をすることがある。
すると彼は決まってジョン・F・ケネディの刻印の入ったジッポーで煙草に火をつけながら「無から生じたものが、もとにもどっただけさ」と言う。
僕は、やはり部長はカッコいいな、と思う。

一寸先はなんとやら。そして Life goes on.

だからこそ、それでも僕はキスはきちんとした手続きを踏んだうえで、と切に願う。
21世紀が始まって12年経った今現在も、液体クレンザーのボトルには「これを使って上司の車を洗ってはいけない」とは書かれていないのだから。


と、そんなことを思い出しながら今日は車を洗いました。ピカピカになりました。




フリーペーパーHoo-JA! オフィシャルサイトへ
by hoo-ja986 | 2012-05-01 15:05 | アツヲ@営業部 | Comments(0)
<< 裏情報 Hoo-JA! 185号 締切日★ >>