フリーペーパーHoo-JA!公式BLOG。編集部の日常と取材裏話。新居浜と西条のマニアックスポット探訪も。
by フリーペーパーHoo-JA!
検索
最新の記事
Hoo-JA!322号 配布開始
at 2018-01-23 09:38
キジとサバ
at 2018-01-22 14:37
無題
at 2018-01-21 22:27
逃す
at 2018-01-20 23:59
束の間のあたたかさ?
at 2018-01-19 20:28
今年は・・
at 2018-01-18 18:09
防災大事
at 2018-01-17 18:53
バッセン行くよ
at 2018-01-16 19:10
どうしてこうなった・・・
at 2018-01-15 20:34
いやー寒かった
at 2018-01-14 22:22
冬将軍
at 2018-01-13 23:59
かなりヤバイ
at 2018-01-12 18:19
寒すぎてふるえる
at 2018-01-11 18:01
アツヲに訊け!スーパー![42]
at 2018-01-10 21:14
Hoo-JA!321号 配布開始
at 2018-01-09 09:11
りんご飴らぶ
at 2018-01-08 18:29
明けましておめでとうございます?
at 2018-01-07 19:37
いつもの
at 2018-01-06 23:59
限界
at 2018-01-06 01:14
最後の最後に・・・
at 2018-01-05 19:43
記事ランキング
カテゴリ
全体
編集長 
マリリン@制作部
ミキティ@編集部
カトリーヌ@制作部
アツヲ@営業部
GEN@営業部
あゆてぃん@制作部
なう@総務部
アツコ@ポスティング部
☆子@営業部
ターボー@営業部
マゼンダ@制作部
ドイヒー@営業部
学生@職場体験
etc...
タグ
(1880)
(1596)
(436)
(394)
(217)
(184)
(119)
(106)
(98)
(96)
(65)
(56)
(46)
(39)
(31)
(29)
(20)
(18)
(15)
(11)
Ninja_blog-top
  • ©ホージャクリエイト
アツヲに訊け!スーパー![17]
   
c0136239_2020387.jpg

 
ブログだけで読める「アツヲに訊け!スーパー!」第17回!
日本人はツラい時はすぐ仏様の教えに頼るのに、
こと商売となると必ずキリストとかその周辺が引っ張り出されるよね。
ちなみにソビエト連邦がクリスマスに崩壊したのは
クリスマス商戦が失敗したからとかそんな理由じゃ全然ないぞ!


 
クリスマスはそもそもイエス・キリストの降誕を祝う日なのに、日本のクリスマスって変!商業戦略に乗っかりたくないと毎年思います。
つむぎ(50歳・女)


 確かにクリスマスは現代の日本では商業戦略であることに間違いはないが、クリスマス商戦がない社会には「お得意様限定の秋冬新作コレクション発表会のご案内」もなければ「イケメンアイドル」もいない。つなぎ放題のWiFiも、この前の博多駅前道路陥没事故の素早い復旧もおそらくないだろう。それがオレたちが生きている資本主義社会の実態で、これらすべてワンセットだ。

 残念ながら社会は「ホテルの朝食バイキング」のように良いとこ取りができない。だから腹八分で満足しながら生きるしかない。もしかしたらつむぎはいま、クリスマスに浮かれる人々も含めてこのイベント全体を斜めから見ているのかもしれないが、君だって恋人と過ごすはじめてのクリスマスはきっと心が躍ったはずだ。ルンルン。私の時代にはクリスマスなんてなかった?ウソはいかん!クリスマス商戦は明治時代からあったぞ!

 しかし!オレはなにもムリヤリつむぎに一緒になってクリスマスを楽しもう!と誘っているわけではない。イギリスの劇作家T・S・エリオットは自著のなかでこんなことを言っている。

 「ひとつの社会の中に階層や地域などの相違が多ければ多いほど、あらゆる人間が何らかの点において他のあらゆる人間の同盟者となり、他の何らかの点においては敵対者となり、かくしてはじめて単一に一種の闘争、嫉視、恐怖のみがほかの全てを支配するという危険から脱却することができるのであります。(文化の定義のための覚書)」

 超簡単に言うと、人々が「おおむね好きだけどたまにイヤ」的なモノとなるべくたくさん繋がっているほうが、大好きなものだけが周りにある世界よりも逆に平和が長続きすると唱えたんだ。

 エリオットはこの好きだったりちょっと嫌いだったりするモヤモヤを「摩擦」と呼び、その「摩擦」が多い社会のほうが安定して長続きすると言った。(たぶんそんな感じ)

 なるほど。たしかに、好きという一点だけで物事と繋がっていると、その気持ちが冷めた時、一気に嫌悪や憎しみに変わって関係を徹底的に壊してしまう可能性がある。オレにも覚えがあるぞ。「恋」とかな。それが国家規模で勃発すれば、すなわち内乱や民族の分断だ。

 「昨日の敵は今日の友」ということは生きてりゃたくさん起こる。それがクルクル回りながら、今日はこっち、明日はあっちという風にみんながゆるやかに移動しながら生活しているほうが健康的というわけだ。

 クリスマス好きもクリスマス嫌いも共存できるのが現在の日本だ。なんでもすぐにお金の話になってしまう資本主義を全面肯定する気はないが、それに背を向けて生まれた社会主義国家のソビエト連邦が25年前のクリスマスに内部から崩壊してしまったのもまた事実。

 まぁイベントなんて自分が静かにしていれば勝手に通り過ぎていってくれるもんだ。外は騒々しいが、コタツに入ってなんとか乗り切ろうぜ。

 オレか?オレはクリスマス好きだぞ!シャンメリーがお店に並ぶからな。




フリーペーパーHoo-JA! オフィシャルサイト
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
by hoo-ja986 | 2016-12-06 20:55 | アツヲ@営業部 | Comments(0)
<< ネコバンバン Hoo-JA!295号 配布開始♪ >>