フリーペーパーHoo-JA!公式BLOG。編集部の日常と取材裏話。新居浜と西条のマニアックスポット探訪も。
by フリーペーパーHoo-JA!
検索
最新の記事
そろそろ
at 2017-09-26 21:14
なぞなぞ
at 2017-09-25 19:00
運動会
at 2017-09-24 23:59
ぼちぼちと
at 2017-09-23 23:59
ナイスガイ欲しい
at 2017-09-22 18:51
秋の味覚狩り
at 2017-09-21 19:07
アツヲに訊け!スーパー![35]
at 2017-09-20 20:41
Hoo-JA!314号 配布開始
at 2017-09-19 09:12
仕分けは大変です・・・
at 2017-09-18 18:08
台風すごい
at 2017-09-17 19:22
タリム革命?
at 2017-09-16 23:59
対策は万全
at 2017-09-15 19:52
もっと身長があったなら
at 2017-09-14 11:01
何雲?
at 2017-09-13 18:35
夜、聞こえるんです
at 2017-09-12 12:01
ビックリバッタ!
at 2017-09-11 19:24
日焼けしすぎ
at 2017-09-10 19:16
ちょっとした不注意で
at 2017-09-09 23:59
今年なりました
at 2017-09-08 19:02
トラップ
at 2017-09-07 19:02
記事ランキング
カテゴリ
全体
編集長 
マリリン@制作部
ミキティ@編集部
カトリーヌ@制作部
アツヲ@営業部
GEN@営業部
あゆてぃん@制作部
なう@総務部
アツコ@ポスティング部
☆子@営業部
ターボー@営業部
マゼンダ@制作部
ドイヒー@営業部
学生@職場体験
etc...
タグ
(1841)
(1542)
(431)
(380)
(213)
(169)
(114)
(100)
(91)
(89)
(59)
(54)
(46)
(39)
(29)
(29)
(20)
(17)
(15)
(11)
Ninja_blog-top
  • ©ホージャクリエイト
2017年 07月 05日 ( 1 )
アツヲに訊け!スーパー![30]
   
c0136239_2020387.jpg

 

ネットだけで読める「アツヲに訊け!」のスペシャル版!
「アツヲに訊け!スーパー!」第30回!
30代って坂道のようにゆるゆると体力が落ちていくのかと思ったら
まるで垂直の崖からの急転直下でしたよ!
学生時代はチーズバーガーだけで生きていけると思っていたのに
今は、か、懐石料理とか食べたいです。


 
仕事に疲れてしまい、寝ても疲れが取れません。よいリラックス法はありますか。
めぐみ(28歳・女)


 現代人の疲れというのはフィジカルとメンタルの複合によってもたらされる。体力の低下はさっさと諦めよう(「諦める」とは今まで持っていた執着や偏見を捨てて新しい自分に生まれ変わるということだ)。メンタル面では、その日に起こった嫌なことは寝るまでにすべて忘れてしまうことをお勧めする。ときどき昔の嫌な思い出を宝物のように大事に持っている人に出会うが、いつか法廷闘争でもするつもりなのだろうか。「おまえはそれに親を殺されたのか?」と聞くと、まぁだいたい取るに足らない出来事なんだよ。

 人は昨日食べた食事すら正確に思い出せなくなるという強力な「忘却力」を備えている。この力を嫌な記憶に対して使うんだ。自分の行く手を邪魔するやつがいたとしても、ベッドに入るまでにそいつの顔と名前を除いて、受けた仕打ちをすべて忘れてしまうよう心がけよう!「忘却力」を磨けば「今日なにか嫌なことがあったような気がするけどまったく思い出せない」という生活も夢じゃない!筋トレと同じで訓練を要するが、心にそういうクセをつけておいて損はない。対処療法としては珍しく、自分も周りの人間も、そしてサイフだって傷つけない。副作用も投資金もゼロというわけだ。

 20代後半から30代にかけては、社会に出る前にイメージしていた理想の自分が到達した現状と限界点がある程度見えてしまう。「欲しかったもののいくつかは手に入ったけど、絶対に手に入らないものも分かってしまった。さて、このあとどうしよう」という踊り場のような感覚にとらわれて、ふっと体の力が抜けてしまう時期が誰にでもある。正体不明の疲れに悩むのはめぐみだけではないので安心したまえ。

 そして人生の後半は暗いものになるのではないかという「若さ至上主義」にも騙されないようにした方がいい。世の中年以降の連中は自分の体の限界をよく把握しているうえに忘却のテクニックもしっかり自分のものにしている。彼らは安易に「若い頃に戻りたい」などと口にしない。おそらく俺たちの価値観では測りえない、独自の人生の楽しみ方を身につけているに違いない。

 素敵な「忘れ上手さん」となっためぐみが、30代の門を笑顔でくぐることができることを祈っている!


フリーペーパーHoo-JA! オフィシャルサイト


by hoo-ja986 | 2017-07-05 22:22 | アツヲ@営業部 | Comments(0)