フリーペーパーHoo-JA!公式BLOG。編集部の日常と取材裏話。新居浜と西条のマニアックスポット探訪も。
by フリーペーパーHoo-JA!
検索
最新の記事
束の間のあたたかさ?
at 2018-01-19 20:28
今年は・・
at 2018-01-18 18:09
防災大事
at 2018-01-17 18:53
バッセン行くよ
at 2018-01-16 19:10
どうしてこうなった・・・
at 2018-01-15 20:34
いやー寒かった
at 2018-01-14 22:22
冬将軍
at 2018-01-13 23:59
かなりヤバイ
at 2018-01-12 18:19
寒すぎてふるえる
at 2018-01-11 18:01
アツヲに訊け!スーパー![42]
at 2018-01-10 21:14
Hoo-JA!321号 配布開始
at 2018-01-09 09:11
りんご飴らぶ
at 2018-01-08 18:29
明けましておめでとうございます?
at 2018-01-07 19:37
いつもの
at 2018-01-06 23:59
限界
at 2018-01-06 01:14
最後の最後に・・・
at 2018-01-05 19:43
仕事始め
at 2018-01-04 17:33
今年は年男
at 2018-01-03 23:56
詣でました
at 2018-01-02 19:07
ガンツウを見ました
at 2018-01-02 09:58
記事ランキング
カテゴリ
全体
編集長 
マリリン@制作部
ミキティ@編集部
カトリーヌ@制作部
アツヲ@営業部
GEN@営業部
あゆてぃん@制作部
なう@総務部
アツコ@ポスティング部
☆子@営業部
ターボー@営業部
マゼンダ@制作部
ドイヒー@営業部
学生@職場体験
etc...
タグ
(1879)
(1595)
(436)
(394)
(217)
(183)
(118)
(106)
(98)
(96)
(65)
(56)
(46)
(39)
(31)
(29)
(20)
(18)
(15)
(11)
Ninja_blog-top
  • ©ホージャクリエイト
カテゴリ:アツヲ@営業部( 133 )
アツヲに訊け!スーパー![8]
 
 
c0136239_2020387.jpg

 
ブログだけで読める「アツヲに訊け!スーパー!」第8回!
あ〜わかるわかる〜。英語って大人になるとなぜか勉強したくなるんだよね〜。
今回もなんか上から目線で講釈たれてるけど、
それなら今度「ほーじゃてぃーゔぃー」で英語喋ってMo〜Ra〜O〜Ze〜。


 
英語が苦手なので基礎から勉強しようと思っているのですが、何から手をつけていいのかわかりません。
オカリナの女(28歳・女)

 

 
 語学の習得にはパワーと根気が必要だ。大人になって英語を始めようとする人は多いが、なかなか思うように勉強が進まないんだよな。大人って忙しいから、普段の生活にプラスして集中力を発揮するのは難しい。やはりこういう場合は楽しみながら勉強していく方法を探すしかないわけだ。

 オレのオススメは「村上春樹の英語訳を読む」という方法だ。別に村上春樹が嫌いなら、村上龍でも芥川龍之介でも吉本ばななでも英訳版は手に入るが、彼の文章にはオレたちの生活に馴染みのある風景や動作が多いので英語になっても比較的情景が思い浮かべやすい。「ドアを開けて部屋に入った」「冷蔵庫からビールを取り出した」というレベルの英語が理解できれば、意外と読み進めることができる。

 大きめの本屋で英訳版と、同タイトルの日本語版を買えば、とりあえず教材はそれで充分だ。辞書くらいは家にあるだろう?いきなり長編は心が折れるから短編集がいい。「象の消滅」か「めくらやなぎと眠る女」あたりか。英訳版はそれぞれ「The Elephant Vanishes」と「Blind Willow,Sleeping Woman」だ。

 ポイントは学習用に用意された英文ではなく、英語圏の人々が実際に楽しんでいる文章に触れるということ。きっと学校で習ったものとはまったく違う英語に出会えるはずだ。例えば「ダンス・ダンス・ダンス」のアルフレッド・バーンバウム訳では「ただそれだけのことさ」というセリフが「No more no less.」と訳されている。なんか拍子抜けだが、文法のテストではないのでそれでいいんだ。
 
 また村上作品には「sip」という単語が頻出する。酒などをちびりちびりと飲む時に使われる動詞だが、「drink」と違い、薄暗いバーカウンターで考えごとをしながらウイスキーなんかを傾けている情景が伝わってくる。オレが好きな単語のひとつだ。村上春樹の小説ってのはしょっちゅう主人公が酒を飲みながら考え事をするんだが、そこで論理を組み立てたり、脳内世界にシーンが飛んだりする。こうなると急にセンテンスは長く、文章構成は複雑になり、ちょっと初心者では手に負えなくなる。主人公が頭の中でなにか考え始めたことを察知したら、そこはごっそり飛ばして日本語で楽しむ、なんて切り替えも必要だ。辞書には載っていない表現にぶつかることもあるだろうが、オレならマーカーで印だけ付けて潔く読み飛ばす。「あとで分かることもあるだろう」くらいの感覚だ。小さなことは気にせず、まずは分かるとこだけ読めばいいのさ。

 英語が苦手と書いてあるが、恐れることはない。学生時代に比べ文法の勘は多少落ちているかもしれないが、大人のオレたちには人の喜びや悲しみを知り、物語に共感する力が備わっている。日本の作家の小説が海の向こうでも読者を得ているということからは、国境や言語を越えて「人間ってみんな同じようなことで悩んでんだな」ということもうかがい知れる。それだけでちょっと英語が身近なものに思えてくるはずだ。

でもなぁ、結局いちばんの近道は英語圏の異性と恋に落ちることなんだろうなぁ。

 
c0136239_19102827.jpg

フリーペーパーHoo-JA! オフィシャルサイト
 
 
 
 
 

 
 
 
 
by hoo-ja986 | 2016-07-20 23:59 | アツヲ@営業部 | Comments(0)
アツヲに訊け!スーパー![7]
 
c0136239_2020387.jpg

 
ブログだけで読める「アツヲに訊け!スーパー!」第7回!
ウンコウンコうるさいなぁ。もっと他に良い例えがなかったのかー?
ホージャ!の品格を損ねてはいけないのでウンコはすべて伏字にしておこうっと。


 
会社に独り言の多い方がいます。気にしないようにと思うのですが、気になってストレスです。
眠眠打破(35歳・女)

 

 
 本紙では「独り言や無意識に口から出る音は、肛門括約筋の緩みと同じでウ○コを漏らしているようなものだ」と答えたがそれには根拠がある。便を出す快感とおしゃべりの楽しさは脳の同じ部分が感じ取っているというデータがあるのだ。たしかに、心の中に溜め込んだものを人に話して心身が軽くなる感覚はトイレを出るときの爽快感とよく似ている。ロバの耳の王様にヨロシクってわけだ。

 そのストレスを与えてくるやつというのは、もしかしたら眠眠打破よりも年上なのかもしれないな。顔の筋肉も、しっかりと鍛えていれば自分の口から出る言葉や音をきちんと支配下に置くことができる。しかしカラダをコントロールする筋肉は加齢とともにあらゆる部分が緩んでくる。誰にとっても言葉を発するという行為には根源的な喜びがあるのだが、だからこそマナーに神経を使いたい。

口が軽くなることにまかせて人の秘密をポロポロと喋ってしまえば、それはウ○コを垂れ流しながら歩いているようなものだ。ウ○コを漏らすだけならひどくてせいぜい肛門外科送りになるだけで殺されることはないが、余計なことをうっかり喋って命の危機にさらされるという例は、世界を見わたせば枚挙に暇がない。単なる嫌われ者では済まなくなる場合もあるので、お互い”水に流せる”ものだけ出して生きたいものだな。よい反面教師を持てたことに乾杯。


 
c0136239_19102827.jpg

フリーペーパーHoo-JA! オフィシャルサイト
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
by hoo-ja986 | 2016-07-05 20:16 | アツヲ@営業部 | Comments(0)
悩み中です
 
アツヲです。

毎日通る近所のお店のショーウィンドウに置かれているミニオン。
この一カ月ほどここが彼の指定席です。

c0136239_204122.jpg


正直とても連れて帰りたいのですが、
家にぬいぐるみがけっこうたくさんあるので、これ以上はちょっと。
というかこれは売り物なのかどうかも定かではありません。
ずっとここに置かれているのならそれでいいのですが、
ある日突然いなくなってしまわないか、気にしていつも見てしまいます。

はぁー、明日もちゃんといてくれたらいつも通り編集に励むことができるのですが。
 
 






 
フリーペーパーHoo-JA! オフィシャルサイト
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
by hoo-ja986 | 2016-06-30 20:33 | アツヲ@営業部 | Comments(0)
アツヲに訊け!スーパー![6]
 
 
c0136239_2020387.jpg

 
ブログだけで読める「アツヲに訊け!スーパー!」第6回!
最近始まったばかりの「Hoo-JA!TV」ではペッパー君ばりのぎこちさで
見るものを楽しませてくれているが、
いつものアツヲで安心したい場合はこちらがオススメ。ホッ。


 
反抗期のない子に少々の不安を感じます。
みつどもえ(52歳・男)

 

 きっとみつどもえの少年時代には、今よりも人生にはっきりとした形があり、同時にそのガイドラインとなるものもしっかり存在していたのではないかと思う。つまり優等生にとっての達成目標であり、不良にとっての仲間と守る掟のようなものだ。

 そのなかで自分が大人になった時の姿も描きやすかった。企業に就職して上を目指すとか、官僚になるとかな。または家業を継ぐ、アウトローで生きていくと決意する者もいたかもしれない。幾つかに分かれた未来像を手にとって選ぶことができ、それぞれに受け入れてくれるコミュニティもあった。

 しかし現代はとにかく子供達が将来なにを目指したらよいかがイメージしにくい。例えば「いいから黙ってオレのように生きれば幸せになれるんだ!」と自信を持って下の世代を引っ張れる政治家や教師がどれだけいるだろうか。

 親への反抗というのは外の世界で自分の理想を確立しようとする働きに生じる反作用のようなものだが、その対象自体が霧のように形を失ってしまえば、子供たちが何と戦うべきかが分からなくなって当然だ!

 でも諦めることはない!家の外に魅力的な未来像が無いなら、それを見せる役目をみつどもえが担えばいいじゃないか!子供を導き、ときに越えるべき壁となるために、みつどもえ自身が日々の暮らしに目標を設定して、それを楽しんでいる姿を見せればいい。仕事の愚痴ではなく、その地味な作業をこなした後に訪れる快感について語るんだ。そしてそこで得たお金を自分だけの趣味に注ぎ込む背徳の香りを嗅がせることも忘れずにな!大人の世界には子供が見たこともない色の宝石がゴロゴロ転がっていることを教えることができれば、いつかはみつどもえを乱暴に押し退けて、外に飛び出して行ってくれるだろう。

 
c0136239_19102827.jpg

フリーペーパーHoo-JA! オフィシャルサイト
 
 
 
 
 
 
 

 
by hoo-ja986 | 2016-06-21 20:43 | アツヲ@営業部 | Comments(0)
アツヲに訊け!スーパー ![5]
 
c0136239_2020387.jpg

 
ブログだけで読める「アツヲに訊け!スーパー!」第5回!
今日はアツヲがこの国のシステムに深く切り込むらしい!
捨ててこそ、浮かぶ瀬もあれ、資本主義!?
会社に迷惑がかかるような発言だけはやめちくりー!


 
不況不況とマスコミが報道するような給料アップのない現代社会を賢く生きるにはどうすればよいですか?
巨人のマツイ(49歳・男)

 

 賢く生きる、か。例えばオレは収入を上げるために合理性を追求したり、小さな努力で身をすり減らすことをどうしても「賢さ」と思うことができない。本当の賢さとは、状況に合わせて自分自身の価値観を変えてゆける能力なんじゃないだろうか。つまり星の付いたレストランのコースも、深夜に小腹が空いて作った簡単な手料理も同じように美味しいと感じることができるかどうかってことだ。自由に戦線を前進させたり後退させたりする能力と言い換えてもよいかもしれない。

 世の中は不思議なもので数字が大きくなることを褒め称え、人はそれに喜んで手を出す、そして慣れてしまう。しかし縮小には躊躇し、歴史の本棚は退き際を見誤り失敗した人の名前で溢れている。だからこそ社会や会社と個人をごっちゃにしてはいけない。個人の良いところは自分1人の判断で簡単に生活のサイズを大きく変えることができる点にある。そこには議会も役員会もいらない。

 紙面では、みんながお金を使えば問題は解決すると書いたが、あれは半分ウソだ。現代の景気は世界中とリンクしているから、一つの国や、まして個人になんて到底コントロール不能な側面がある。長生きするためには、資本主義の良い面をうまく活用しつつそこそこの距離感を持って付き合うことだ。

 時間を見つけて自然に触れるようにすると良いと思う。山に行ったり、星を見たり、とにかく現代社会のルールに関係なく運行されているリズムに身を置くことを強くオススメする。人はダンスに踊り疲れたら、いつでもホールのドアを開けて新鮮な空気を吸いに外に出ることができることを覚えておいて欲しい。
常に緊急時に備えてその空間からの退避ルートを把握しておくことは、男の基本だぜ。


 
c0136239_19102827.jpg

フリーペーパーHoo-JA! オフィシャルサイト
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
by hoo-ja986 | 2016-06-07 20:58 | アツヲ@営業部 | Comments(0)
アツヲに訊け!スーパー ![4]
 
c0136239_2020387.jpg

 
ブログだけで読める「アツヲに訊け!スーパー!」第4回!
ちなみにタイトル写真のカーキのアウターはアツヲの私物。ファンに声をかけられることを夢見て写真の格好のまま平日休日問わず街を出歩いているのに、いまだそういう事象は発生していないらしい。
最近、ついにヒジの部分が破れたぞ!毎日着すぎだって!


 
「ぼっち」を気にする娘に良いアドバイスを
スチュワート(53歳・男)

 
 ぼっちで何が悪いんだ!他人に連なることに慣れてくると、考えまで他人任せになってしまう。いざ何かを決断する時に人の意見しか出てこない。それってカッコイイ大人ではないよ。オレはそう考えて若い頃から孤独を愛し、友人も少ないおかげでいい感じに暗黒をさまよい、短い学生時代を人一倍充実させることができたと感じている。だいたい人は3人以上になると何を始めるにも時間がかかるし、周りが見えなくなる。周囲に迷惑をかけていても気がつかない。

 まぁここまでは一般論だが、さらにオレが個人的に観測した結果、複数でいるグループにかぎって「おいしい」「かわいい」「すごい」など、口から出る言葉が画一的になってしまうという法則を発見している。言葉のバリエーションの乏しさは精神の貧困につながるぜ。もっとも最近はこれらをさらに一本化した「ヤバい」という言葉まで登場しているが、あれは本来の意味でヤバいぞ。
言葉選びというのは「それを説明するに適切な形容詞が世界にただひとつだけあって、これを選び出すことはその状況に遭遇した自分にしかできない」というくらいの緊張感を要する作業なのだ!

 そもそも「ぼっち」という言葉の憐れむような音感も好きになれない。好きで一人でいるやつだってたくさんいるんだ!紙面では積極的孤独、つまりソリテュードについて触れたが、今度から一人でいる状態のことを「ぼっち」ではなく「ソリってる」って言え!こっちの方が切れ味があってカッティングエッジな響きだ。

 と伝えておいてくれ。娘さんによろしく。
 
c0136239_19102827.jpg

フリーペーパーHoo-JA! オフィシャルサイト
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
by hoo-ja986 | 2016-05-24 20:09 | アツヲ@営業部 | Comments(0)
アツヲに訊け!スーパー ![3]
c0136239_2020387.jpg

 
ブログだけで読める「アツヲに訊け!スーパー!」待望の第3回!
アツヲの言いたいことはちょっとだけ分かるぞ!
一言で言うと、いろいろ頑張れってことでしょ!?
みんなで、涙をこらえる時の鼻の奥がツーンとなるあの感覚を思い出そう!


 
記憶力が悪くなってきている。
どうしたら若い時のように何でも覚えられるんだろう。

ゆうママ(41歳・女)


 いいよな、学校を卒業すると英単語や年号を覚えなくても怒られることはないし、仕事の打ち合わせの時間は手帳にメモしておけば、いつでも確認(カンニング)ができる。

 でも学生時代を思い出してみると、勉強の内容より女の子に片想いしたことや、どうしようもないことで親と口ゲンカしたことを思い出す。社会人になって間もない頃も似たようなもので、女の子にしっかり片想いして、どうしようもないことでしっかり上司と口ゲンカした。そっちのほうが会社の数字よりもよく覚えている。
 
 それまでに重ねた経験が、知識や配慮と結びつく20代後半から30代にかけて、やっと目の前の問題をスムーズに解決できるようになる時期を迎えるが、これが大きな落とし穴ということに多くの人が気付かない。目の前の問題解決に忙しくて次の問題をポケットに入れておくのを忘れるんだ。ひどいときはあらかじめ問題の臭いを嗅ぎ取ってさりげなく避けるというテクニックを身につけてしまう。

 人間は常に過去数年に抱いた激しい情動を燃料に生きている。理解に苦しむ巨大な謎との正面衝突を避けていると、5年10年先に現在を振り返った時の印象がほとんどないという場合もある。
これが40代の記憶力低下の感覚の本当の正体なんだ!思い出せないのではなく、思い出す内容それ自体がなくなってくるんだ。
 
 だから解決に年月を要する難問をいくつか自分の中に仕込んでおくことをオススメする!まわりに自分の処理能力の限界を超えた問題しか存在しなかった頃を思い出して参考にしてみよう。

 スーパーで買うものはメモに書き留めておけばいい。記憶というのは文字ではなく、感情や空気の匂いのような言葉にはできないものを覚えておくために使うんだ!

c0136239_19102827.jpg

フリーペーパーHoo-JA! オフィシャルサイト
 
 
 
 
 
 
 
by hoo-ja986 | 2016-05-10 21:28 | アツヲ@営業部 | Comments(0)
超速報!アツヲ家のモデムをぶっ壊す
 
ぶっ壊すというか寿命で逝っただけです。
アツヲです。

ゴールデンウィークに入った瞬間にインターネットを封じられるとは、
ヤフーBBもなかなかタフなことをしてくれます。
新しいモデムが届くのが5月3日。
これでもう自宅でできることは本読みしかなくなりました。

ただ近所にある実家で、
家から漏えいしている父親のWi-Fiを恵んでもらうことはできるので、
完全な孤立というわけでもないです。

c0136239_18543360.jpg


ゴールデンウィーク中はここでインターネットをしましょう。
すこし時代をさかのぼれば、
お風呂沸かすために外で薪を燃やしていたくらいなんだから、
Wi-Fi拾うためにちょっと歩くくらいどうってことないです。

 


フリーペーパーHoo-JA! オフィシャルサイト


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
by hoo-ja986 | 2016-04-29 19:08 | アツヲ@営業部 | Comments(0)
アツヲに訊け!スーパー ![2]
 
c0136239_19332120.jpg


 ご当地ありがた迷惑コーナー「アツヲに訊け!」のWeb限定版が4月に始まった!
 その名も「アツヲに訊け!スーパー!」だ!特に反響もないままうっかり第2回!
 100回続くと「アツヲに訊け!ハイパー!」に進化予定!・・・させねぇよ!!




買い物に行くと小一時間迷った挙げ句、
結局何も買わない優柔不断な私。
その度旦那にイライラされます。
とうもろこ芯(33歳・女)
2016年4月23日号


 旦那と一緒に行くから気を使ってダラダラと一時間も悩むことになるんだ。本当に自分にとって大切なものを買う時は、ひとりでお店に乗り込もう!やむをえず連れがいる場合は接客してくれているスタッフの視界に入らない場所でウィンドウショッピングを楽しんでいてもらえ!

 パートナーが商品選びに口を出した瞬間、スタッフの接客は当事者を通り越して第三者を納得させるためのものに変わってしまう。トークはフニャフニャと宙を漂い、その製品の良い面・悪い面を腹を割って話すことはできない。「これはやめとけ」という旨も伝えづらいし、バッチリとうもろこ芯に似合っていると確信を持っていても、強く背中を押してあげることすらできないんだ。わかるか!?この痛痒感!!

 戦いにおいて最もやってはいけないことのひとつが複数の相手を同時に迎え撃つ「二正面作戦」で、これをスタッフに押し付けてしまうと買い手と売り手の間に信頼関係は築けないんだ。

 タイマンのケンカの後には友情が芽生えることもあるが、複数の国が入り乱れて戦う大戦は、あとで必ずどこかの国に帳尻合わせを押し付けることになる。納得のいかない空気を誰かが抱えることになり、公平に見ても3分の2の確率で買い手側がその役を引き受けることになる。

 失敗したくない買い物こそひとりで行こう!そしてその気持ちをお店に伝えれば、きっとスタッフは技術の限りをつくしてとうもろこ芯を幸せに導いてくれるだろう。
 
c0136239_19102827.jpg
 
フリーペーパーHoo-JA! オフィシャルサイト
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
by hoo-ja986 | 2016-04-19 20:30 | アツヲ@営業部 | Comments(0)
アツヲに訊け!スーパー ![1]
 
c0136239_18344532.jpg



4月から 人気コーナー?「アツヲに訊け!」がパワーアップ!
紙面では語りきれなかったアツヲのウザい説教が、文字数無制限でブログに登場!
ああ、なんてありがた迷惑!



 
ネット通販のバーゲンに弱いです。
どうしたら誘惑に打ち勝てるでしょうか? 
つむぎ(49歳・女)2016年4月9日号より


 買い物という行為は売り手と買い手の真剣勝負!セール品目当てで店を訪れるということは「相手が両腕複雑骨折していたらいいのに」と願いながらリングに立つボクサーと同じだ。その時点で勝負の結果は見えている。最近は「様々なサイトを見比べてどこよりも安いところで買う」ことを誇りにする人も多いようだが、そのたび「ちょっと失敗したけど安かったからいいか」と自分を慰めているうちにあなたの貴重な美意識はどんどん去勢されてしまう。

 定価で買うという前向きな気持ちで店に入った結果、偶然お得な買い物をすることと、安ければ買うという買い物のスタンスは、得る結果は同じでもセンスを養うという意味においては対極だ。なにもお金をどんどん使えと言っているわけではない。セール価格だけに目を光らせるのではなく、定価を知ることによりマーケットに対する適正なバランス感覚を持て、という話だ。そもそも定価が信頼できないようなブランドとはつき合うべきではない。
 
 さらに言えば、買い物の究極の楽しみは、実店舗で贔屓(ひいき)の店を持ちメディアにも載っていない新製品の情報をいち早く教えてもらい、正式発表前に「喜んで定価で注文を入れる」ことだ。ネットには詳細な商品画像もレビュー記事もない。時に価格すら決まっていない状態から自分の直感と経験だけを頼りに決める買い物だ。リスクがあるし発売を待つ間のヒリヒリとした焦燥感もあるだろう。しかしそれはその製品が世に出る瞬間を売り手とともに立ち会う喜びと十分につり合う。

 というわけでセール時期しか見ないショッピングサイトは即刻ブックマークから消し去ってしまおう!安いものよりも、美しいものを探しながら生きるんだ!
 


c0136239_19102827.jpg





フリーペーパーHoo-JA! オフィシャルサイト
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
by hoo-ja986 | 2016-04-05 18:39 | アツヲ@営業部 | Comments(0)