フリーペーパーHoo-JA!公式BLOG。編集部の日常と取材裏話。新居浜と西条のマニアックスポット探訪も。
by フリーペーパーHoo-JA!
検索
最新の記事
やっぱり夏が好き
at 2018-08-17 21:24
お盆のアツヲです
at 2018-08-17 20:37
空の旅
at 2018-08-17 10:12
賑やかだな
at 2018-08-16 23:59
氷見盆野球 2018
at 2018-08-15 23:29
わたしのなつやすみ2018
at 2018-08-14 23:59
夢の国
at 2018-08-14 23:59
おすそわけ
at 2018-08-13 20:25
お盆休み
at 2018-08-13 06:55
お盆休み突入
at 2018-08-12 21:08
レア機材
at 2018-08-11 23:59
語呂合わせ
at 2018-08-09 17:48
本気の夏、100回目
at 2018-08-08 23:59
涼を感じる食べ物
at 2018-08-07 18:11
今日は応援
at 2018-08-06 00:00
素朴な祭り
at 2018-08-05 11:55
こんなところにやざまさん
at 2018-08-04 23:59
フォレストアドベンチャー祖谷
at 2018-08-03 10:50
アツヲに訊け!スーパー![56]
at 2018-08-01 18:16
Hoo-JA!335号 配布開始
at 2018-07-31 09:22
記事ランキング
カテゴリ
全体
編集長 
マリリン@制作部
ミキティ@編集部
カトリーヌ@制作部
アツヲ@営業部
GEN@営業部
あゆてぃん@制作部
なう@総務部
アツコ@ポスティング部
☆子@営業部
ターボー@営業部
マゼンダ@制作部
ドイヒー@営業部
学生@職場体験
わさび@制作部
etc...
タグ
(1944)
(1679)
(439)
(405)
(230)
(209)
(125)
(110)
(98)
(96)
(65)
(58)
(46)
(39)
(33)
(31)
(20)
(18)
(15)
(12)
Ninja_blog-top
  • ©ホージャクリエイト
計画段階
ポカポカ陽気に誘われて、放浪野郎と化す編集長です。

さて、4月と言えば新居浜人にとっては「裏の月」。

10月の新居浜太鼓祭りまでちょうど半年。
去年の祭りと今年の祭りの丁度中間地点。
去年の祭りの勢いグラフが最下点に来て、
今から今年の祭りに向かってテンションを上げていく
祭りテンションで言えばV字の底に当たる月、と考えます。

9月も中旬になれば、スーパーなんかの店内BGMで流れ出し、
祭りモードを最高潮に持っていくのが、
ご当地ソング、都はるみさんが歌う「ちょおうさじゃ」。
創刊から2年目の Hoo-JA!2005年10月8日号にも掲載しました。

取材当時は現存数の少ないレコード盤を、お持ちの方からお借りし、
歌詞カードに書かれた録音されていない7番、8番の歌詞なども
JASRACの許可を取り(結構高かった…)掲載しましたが、
その後、新居浜市により復刻版がCD化され、
希望者に無料配布を募ったところ応募が殺到。
当選確率がかなりの高倍率となったと聞きました。









そんな新居浜太鼓祭りには欠かせないご当地ソング「ちょうおうさじゃ」。


新居浜商工会議所から会員企業に配られた資料に、こんな計画が。(一部抜粋)




平成22年度
新居浜市と新居浜商工会議所との
懇談会における質問・要望(回答報告)


(5)新居浜ふるさと観光大使「水樹奈々さん」による
   ご当地ソングのCD化について

Q 新居浜太鼓祭りを象徴とした民謡「ちょおうさじゃ」は、昭和47年に作られ、都はるみさんによる歌は太鼓祭り期間中の盛り上げに一役買っている。また水樹奈々さんが中学生時代に歌った「つがざくら」は、別子銅山を想う歌であり、新居浜市の歴史を深く感じさせてくれる。新居浜の歌は新居浜出身者に歌ってほしいとの想いから、「ちょおうさじゃ」並びに中学時代の近藤奈々さんとして歌った「つがざくら」を水樹奈々さんに歌っていただくことにより、新居浜の未来を担う子供たちや市民にふるさと新居浜の再発見と新居浜を訪れる観光客に対しても観光振興にも繋がると考えている。ついては水樹奈々さんの所属しているキングレコード(株)に、両曲のご当地ソングとしてのCD化について行政とも連携して要望したいので、物心両面からのご支援をお願いしたい。

A 市民からも水樹さんの歌う「ちょおうさじゃ」を聞いてみたいとの要望も寄せられており、市としては、レコード会社等と調整していかなければならない課題がありますが、夢のある提案として検討していくことにしています。ご当地ソングのCD化に向けた取り組みに協力してまいります。


c0136239_23542983.jpg



元々演歌を歌っていた水樹奈々さんによるリメイク計画。
実現可能かどうか現段階では分かりませんが、楽しみなところです。

で、本日の休日、事務所にちょこっと寄ったところ、
商工会議所だより4月号と合わせて送られきた資料の中に
こんな計画もありました。(こちらも一部抜粋)




「新居浜商工会議所中期行動計画」

(5)地域資源の活用と交流人口の拡大による観光振興

 【現状と課題】……略
 【目標】…………………略
 【事業】………(1)〜(4)略

  (5)新居浜ふるさと観光大使「水樹奈々さん」ら
     県内・市内出身者アーティストによる
     アカガネマリンロックフェスティバルの開催



c0136239_23544925.jpg









2010年は3月にマリンパーク新居浜にて開催された
アカガネマリンロックフェスティバル。
2010年の出演アーティストは

・泉谷しげる
・城戸けんじろ&ザ・トラッカーズ(元ジャパハリネット・松山大学卒)
・Chicago Poodle
・SEX MACHINEGUNS(ANCHANG 新居浜市出身 KEN'ICHI 愛媛県出身)
・太陽族
・竹内 力
・ニューロティカ
・FANKIST
・bonobos
・LUNKHED(新居浜西高卒)
・rega(青木昭信、三宅隆文、井出竜二 新居浜市出身)
・ROCK’A'TRENCH(オータケハヤト 新居浜市出身)
・ロリータ18号 with まちゃまちゃ

と愛媛県関係、新居浜出身アーティストもステージに立ちましたが、
計画書ではこれまた彼女の名前が…。

ただ開催日時はまだ発表されていませんし、
今年度の開催があるのかどうかも現時点では分かりませんが、
昨年トリを務めた泉谷しげるさんは

「一度始めたら続けるのが大事だ!!」

てなことを新聞のインタビューで語っていたように思うので、
3月から時期を変えて開催するのかも?

本気で「県内・市内出身者アーティストによる」と考えてるなら、
Superflyとかチャットモンチーとか陰陽座とか、
秋川雅史さんとか、レイザーラモンRGとか…

「ロック」のカテゴリから大きく外れることにな…(以下略)




フリーペーパーHoo-JA! オフィシャルサイトへ
by hoo-ja986 | 2011-04-09 23:46 | 編集長  | Comments(0)
<< 新居浜桜 忘れた頃の…アレ >>