フリーペーパーHoo-JA!公式BLOG。編集部の日常と取材裏話。新居浜と西条のマニアックスポット探訪も。
by フリーペーパーHoo-JA!
検索
最新の記事
ケーキ撮影風景
at 2018-12-13 09:58
美味しさの代償
at 2018-12-11 10:16
いてーよー
at 2018-12-09 23:23
ホージャクッキング
at 2018-12-06 11:31
アツヲに訊け!スーパー![64]
at 2018-12-05 19:01
Hoo-JA!343号 配布開始
at 2018-12-04 09:22
今年は
at 2018-12-02 21:19
食べたい時に食べときや!
at 2018-11-29 09:36
新居浜映画 製作手記 <5>
at 2018-11-24 15:59
幸運
at 2018-11-23 09:46
アツヲに訊け!スーパー![63]
at 2018-11-21 18:08
Hoo-JA!342号 配布開始
at 2018-11-20 09:43
今日から俺は!
at 2018-11-18 23:25
のんびり行こう
at 2018-11-15 09:58
風邪流行中
at 2018-11-13 10:08
新居浜映画 製作手記 <4>
at 2018-11-12 21:03
なんだかな
at 2018-11-11 22:51
無理だ!
at 2018-11-10 23:59
ブレス大丈夫かな
at 2018-11-09 09:40
アツヲに訊け!スーパー![62]
at 2018-11-07 19:36
記事ランキング
カテゴリ
全体
編集長 
マリリン@制作部
ミキティ@編集部
カトリーヌ@制作部
アツヲ@営業部
GEN@営業部
あゆてぃん@制作部
なう@総務部
アツコ@ポスティング部
☆子@営業部
ターボー@営業部
マゼンダ@制作部
ドイヒー@営業部
学生@職場体験
わさび@制作部
etc...
タグ
(1962)
(1708)
(444)
(408)
(239)
(220)
(127)
(112)
(102)
(100)
(68)
(58)
(46)
(39)
(36)
(31)
(20)
(20)
(15)
(12)
Ninja_blog-top
  • ©ホージャクリエイト
工場萌え
 
何故に昨日の話の締めが「島袋」なのか?
未だに理解不能な編集長です。
あまりに理解不能すぎて、
危うく「小兵二軍団」に入るところでした。

本日は土曜日出勤。
明るく楽しいGWを迎えるための土曜出勤ですが、
締切作業もほぼ8割がた終了し、
後は月曜日に最終チェックでデータ入稿となる訳で、
いつもの締切のように深夜に及ばないよう、
今回は早めに終われる…か?
多少の不安材料はあるものの…


さて、「写真の力」なんて書いてて、写真が1枚もない昨日。
そんなことで今回は、
ふらふら放浪して、撮りだめた写真でお茶を濁す巻。



以前Hoo-JA!紙面で「夜景特集」なんぞを掲載しまして、
※「夜の景色 秋のナイトビュー」2007年10月27日号Vol.76
その時に撮影した新居浜の平地夜景スポットがこちら。

c0136239_23211090.jpg


国領川右岸から眺める住友化学菊本工場。
丁度この時は満潮時で水面に映える照明や、
おだやかに流れる煙も幻想的。

まあ、肉眼で見ても実際ここまで美しくはなく、
まさに「写真」というか「カメラの力」なのだが、
ある種「工場萌え」的なオタク要素を含むワタクシ、
新居浜・西条地区の工場夜景集を集めてみた。

c0136239_23213061.jpg


うちの事務所近く、港町から見る菊本。
光り輝くタンクとプラントがカッコいい。

c0136239_23214387.jpg


同じく港町から大江工場方面。
もっとライトアップしてくれればいいのだが、
遊びでやってる訳じゃないので、こんなもんか…。

c0136239_2322554.jpg


いつの間にか雨後の筍の如くにょきにょきと
クレーン銀座と化した船屋の漁港あたり。

c0136239_2322253.jpg


ひうち方面から見てもクレーンは大小伸びるのだが、
撮影した日は海も凪ていて、光がキレイ。

c0136239_2322512.jpg


西条火力発電所。
もうここまで明るいと、デジカメの性能に感服。
しかし、どれもこれも「海」のアシストがあっての写真。
なかなか新居浜西条で工場の敷地外からの萌え写真は、無理がある…。


そんなことで、「どこか美しい工場はないものか?」と、
勢いだけで、先日ココまで写真だけ撮りに行ってみた。


c0136239_2323325.jpg



編集部から1時間以上車で走って、今治市は菊間の太陽石油。
これは国道沿いに大きなプラントがあり、肉眼で見ても大迫力。
なかなか通る機会の少ない196号線沿い。侮れない…。

しかし、小学生の時「瀬戸内工業地域」なんて習った記憶があるが、
もっともっと迫力あるプラント群もあるんでしょうな。
ただ、立ち入り出来ないだけで…。

オレンジフェリーにでも乗る機会に海側から確認してみたい。

工場夜景が見えるかどうかは兎も角、
オレンジフェリーのHPによると、
旅客運賃(東予~新居浜) 2等運賃470円。
ワンコインでできる船旅も魅力。
ただ、帰りをどうするか?の問題は残る…。

全国遠征する程でもないのだが、
全国で流行りつつあるこんな「サブカルチャー」を
なんとか地元で見いだしたいと、時間があれば
カメラ片手に放浪が止みません。


フリーペーパーHoo-JA! オフィシャルサイトへ
by hoo-ja986 | 2011-04-30 23:33 | 編集長  | Comments(0)
<< 唇 写真の力 >>