S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フリーペーパーHoo-JA!公式BLOG。編集部の日常と取材裏話。新居浜と西条のマニアックスポット探訪も。
by フリーペーパーHoo-JA!
検索
最新の記事
アツヲに訊け!スーパー![最..
at 2019-02-20 19:11
アツヲに訊け!スーパー![68]
at 2019-02-06 19:41
本物の鳩サブレー
at 2019-01-28 15:20
寒い
at 2019-01-27 22:52
アツヲに訊け!スーパー![67]
at 2019-01-23 19:51
食べ過ぎ注意
at 2019-01-16 10:22
アツヲに訊け!スーパー![66]
at 2019-01-09 19:26
Hoo-JA!345号 配布開始
at 2019-01-08 09:41
七草粥の日
at 2019-01-07 11:53
明けましてです
at 2019-01-06 21:33
2018年最後の締め切り日
at 2018-12-28 11:13
サブレー好き
at 2018-12-25 11:03
もう少しでイブ
at 2018-12-23 23:37
サンタさんになるよ
at 2018-12-21 18:02
アツヲに訊け!スーパー![65]
at 2018-12-19 18:18
Hoo-JA!344号 配布開始
at 2018-12-18 09:29
ホッカイロ最強
at 2018-12-17 17:48
引きこもってます
at 2018-12-16 23:29
ケーキ撮影風景
at 2018-12-13 09:58
美味しさの代償
at 2018-12-11 10:16
記事ランキング
カテゴリ
全体
編集長 
マリリン@制作部
ミキティ@編集部
カトリーヌ@制作部
アツヲ@営業部
GEN@営業部
あゆてぃん@制作部
なう@総務部
アツコ@ポスティング部
☆子@営業部
ターボー@営業部
マゼンダ@制作部
ドイヒー@営業部
学生@職場体験
わさび@制作部
etc...
タグ
(1963)
(1713)
(441)
(408)
(239)
(220)
(127)
(112)
(102)
(100)
(68)
(58)
(46)
(39)
(36)
(31)
(20)
(20)
(15)
(12)
Ninja_blog-top
  • ©ホージャクリエイト
フィンランド日記 15
 
映画「彼女が水着に着替えたら」のワンシーンで
織田裕二扮する吉岡が

「メーデー!メーデー!メーデー!」

と叫ぶ場面が印象に残る編集長です。
かなり古いですね。

でもこの映画でもっとも印象に残るのは、
ツバメ号の仲間の青年を
竹内力が爽やかに好演していることです。
彼にとって消したい過去かもわかりません。



そんな4月30日、ここタンペレはメーデー前日。
(前述とは意味が違います。念のため)

午前中に曇天模様の空の下、Niihama、Säijokiと回ったものの、
午後から天気の良くなったまさかのタンペレ界隈。

なんだか街は賑やかで、広場には露店が多数出店中。

c0136239_0515592.jpg
売ってるのはB級玩具など、日本と変わらないモノもある



調べてみると、フィンランドのメーデーは、
「労働者の日」だけではなく、古代ローマに由来する祭日で、
春の訪れを祝う日として定着しているのだそう。
※1 詳しくご存知の方がいたとしても、詳細のご連絡はは不要です

いたるところに風船の売人達が
色とりどりのヘリウム風船の集塊を手に立っている。
(怪しいものを売ってる様な表現はどうかと…)

c0136239_0532135.jpg
c0136239_0533174.jpg
売ってる人が飛んでいきそうな量



聞いた話によると
フィンランドっ子はメーデーの日にだけ
ヘリウム風船を買ってもらえる、とのこと。
※1繰り返し

カラフルなキャンディショップは、
棒状のお好みの味を指定すれば
いわゆる正式な渦巻き型の「ペロペロキャンディ」に
仕上げてくれる…のか?
※1繰り返し

c0136239_054012.jpg
看板の「MAKU」は「巻く」から来ている(嘘)






せっかくなので「露店で昼食を…」と、一瞬考える。
大きな鉄板に並ぶ数々の食材。


c0136239_0543099.jpg
フライパンのサイズに唖然



これだけ鉄板が並んだら、
その中から1種類、2種類と
好きなものをチョイスするのかと思いきや、
地元の方が買う様子を伺うと、
鉄板の奥から次から次へと食材を1枚の皿に乗せていき、
最後にサワークリームをぶっかけて、混ぜ合わせるという… 

国が違えば食文化も違う。
郷に入っては郷に従え。
でも一番奥の鉄板は、
ニシンか何かの川魚の油ギッシュなフライ。

川魚にサワークリームという時点で、
郷には従わない私。



郷に従わなくても腹は減る。
タンメルコスキ川沿いにあるカフェで昼飯を食おう。
郷に従わない我々は
世界中のどこでも食えるであろう、
オーソドックスな「パスタ」と「コーラ」を注文。
食に関しては保守的なのだ。

c0136239_0544726.jpg
普通にうまかったし、サラダもバイキング。



外にテラス席が見える窓際の席に案内され、
一息ついているとパラパラと音が…。
カフェの男性スタッフが慌ただしくテラスを走り回る。
さっきまでの青空は何処へやら、みぞれが降ってきた。

c0136239_055155.jpg
微妙な写真だ


c0136239_055915.jpg
カフェから見える建物の温度計。


乙女心と北欧の空。

今回の旅日記で
バカの一つ覚えのように使い回すフレーズの通り。

「なめんなよ、フィンランドを!!」


そんなタンペレの神様の声が聞こえてきたような…。

別に侮っちゃいないが、
このタイミングで降られても、
我々はカフェでお昼ごはん中。
カフェを出る頃にはすっかり天気も回復していたので、
我々の勝ちだ。(何が勝ちなんだか…)



そんなタンペレの街を散策して気づいたこと。
日本では暗黙の了解でタブーとされるようなモノが
堂々とショーウィンドウに飾られていること。


例えば、葬儀社。

c0136239_056112.jpg
興味のある方は写真のアドレスを打ち込んで(クリックで拡大)




あの四角い箱は? 何かと思えば「棺桶」だった。



例えば、アダルトショップ。
場末の裏路地にひっそりと… 何てことはなく、
堂々と表通り沿いの角地に構える。

c0136239_056206.jpg
フィンランドは性教育先進国のようです。だからって、ねぇ。


ショーウィンドウにもウッフ〜ンなグッズの数々が。


c0136239_056462.jpg
興味のある方は写真のアドレスを打ち込んで(クリックで拡大)


我関せずと通り過ぎるも、


c0136239_0565395.jpg
「男はみんな変態やで」 弊社マゼンダの座右の銘は当てはまる


角を曲がれば凝視する男、アツヲ。






旅の恥は置いてくる派だ。




つづく
 
 
 
 
 
フリーペーパーHoo-JA! オフィシャルサイト
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
by hoo-ja986 | 2015-08-03 01:30 | 編集長 
<< アツい漢たちの物語 あちぃ〜よ〜 >>