S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フリーペーパーHoo-JA!公式BLOG。編集部の日常と取材裏話。新居浜と西条のマニアックスポット探訪も。
by フリーペーパーHoo-JA!
検索
最新の記事
のんびり行こう
at 2018-11-15 09:58
風邪流行中
at 2018-11-13 10:08
新居浜映画 製作手記 <4>
at 2018-11-12 21:03
なんだかな
at 2018-11-11 22:51
無理だ!
at 2018-11-10 23:59
ブレス大丈夫かな
at 2018-11-09 09:40
アツヲに訊け!スーパー![62]
at 2018-11-07 19:36
Hoo-JA!341号 配布開始
at 2018-11-06 14:53
お米美味しい
at 2018-11-06 09:56
負けちゃった
at 2018-11-04 23:56
女子的ハロウィーン
at 2018-11-01 17:55
しあわせの納豆巻き
at 2018-10-30 10:13
勝ちました!
at 2018-10-28 23:38
新居浜映画 製作手記 <3>
at 2018-10-27 23:19
お祭り終了
at 2018-10-25 09:35
アツヲに訊け!スーパー![61]
at 2018-10-24 18:45
Hoo-JA!340号 配布開始
at 2018-10-23 13:05
祝!
at 2018-10-21 19:28
今年の祭りは晴れると思う
at 2018-10-20 23:34
上部地区統一かきくらべ2018
at 2018-10-18 20:57
記事ランキング
カテゴリ
全体
編集長 
マリリン@制作部
ミキティ@編集部
カトリーヌ@制作部
アツヲ@営業部
GEN@営業部
あゆてぃん@制作部
なう@総務部
アツコ@ポスティング部
☆子@営業部
ターボー@営業部
マゼンダ@制作部
ドイヒー@営業部
学生@職場体験
わさび@制作部
etc...
タグ
(1959)
(1705)
(440)
(408)
(239)
(219)
(127)
(112)
(102)
(100)
(68)
(58)
(46)
(39)
(35)
(31)
(20)
(20)
(15)
(12)
Ninja_blog-top
  • ©ホージャクリエイト
新居浜映画 製作手記 <2>
 
映画 「ふたつの昨日と僕の未来」 監督・脚本 大森研一


第二章 撮影の前に


準備脚本を書き上げ、次はスタッフを招集。
皆、新居浜市へ行ったことのない人たちなので、
まず新居浜の地理、歴史、文化、名所、風土などの説明から。

開始当初のスタッフは
「演出部」(撮影スケジュール作成、エキストラ管理など製作全般を通じての監督補佐)
「制作部」(ロケ現場確保や許可申請、宿泊や食事、車輌計画など)
そして「撮影部」でロケハン(撮影地視察)を行う。

このあたりから人も増えてきて、
見るからに映画製作が始まった感がにじみ出てくる。

現地の方々と共に歩き回りつつ、交流も深めていく。
このロケハンの結果を受けて脚本を微調整。

制作部は、初めて現地と繋がったことで、
具体的に宿泊施設の確保など準備を開始。
そして「美術部」(部屋の装飾や、大きな看板から小物まで美術全般を制作したり調達する)
加わり、最終ロケハンに。

特に今回の「鍵」となる別子銅山の「坑道」は、
現地の皆さんにも各地を探して頂き、その選定には時間を要した。

c0136239_199586.jpg
坑道をロケハン中の大森監督


現地調達できるものや、新たに作る必要があるもの、
できる、できないを決断、最終調整を経てようやく脚本を完成。

刷り上がった台本は、スタッフへ配られ、全ポジションが内容を共有。

次に「衣装部」と「メイク部」が合流し、
脚本の中のキャラクター像と照らしながら、

「新居浜に住んでいる主人公たち」らしい

衣装とメイクを決定していく。

文字でしかなかった登場人物に命が吹き込まれていく瞬間である。

その一方、同時進行で進めていたキャスティングもほぼ確定。


ついにキャストたちとの初顔合わせへと向かう。





つづく (次回は10月27日号に掲載)


過去の掲載
第一章 映画のはじまり






c0136239_21251441.jpg










フリーペーパーHoo-JA! オフィシャルサイト









      
by hoo-ja986 | 2018-10-05 19:12 | 編集長  | Comments(0)
<< 秋祭りシーズン到来 もう10月 >>