S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フリーペーパーHoo-JA!公式BLOG。編集部の日常と取材裏話。新居浜と西条のマニアックスポット探訪も。
by フリーペーパーHoo-JA!
検索
最新の記事
アツヲに訊け!スーパー![65]
at 2018-12-19 18:18
Hoo-JA!344号 配布開始
at 2018-12-18 09:29
ホッカイロ最強
at 2018-12-17 17:48
引きこもってます
at 2018-12-16 23:29
ケーキ撮影風景
at 2018-12-13 09:58
美味しさの代償
at 2018-12-11 10:16
いてーよー
at 2018-12-09 23:23
ホージャクッキング
at 2018-12-06 11:31
アツヲに訊け!スーパー![64]
at 2018-12-05 19:01
Hoo-JA!343号 配布開始
at 2018-12-04 09:22
今年は
at 2018-12-02 21:19
食べたい時に食べときや!
at 2018-11-29 09:36
新居浜映画 製作手記 <5>
at 2018-11-24 15:59
幸運
at 2018-11-23 09:46
アツヲに訊け!スーパー![63]
at 2018-11-21 18:08
Hoo-JA!342号 配布開始
at 2018-11-20 09:43
今日から俺は!
at 2018-11-18 23:25
のんびり行こう
at 2018-11-15 09:58
風邪流行中
at 2018-11-13 10:08
新居浜映画 製作手記 <4>
at 2018-11-12 21:03
記事ランキング
カテゴリ
全体
編集長 
マリリン@制作部
ミキティ@編集部
カトリーヌ@制作部
アツヲ@営業部
GEN@営業部
あゆてぃん@制作部
なう@総務部
アツコ@ポスティング部
☆子@営業部
ターボー@営業部
マゼンダ@制作部
ドイヒー@営業部
学生@職場体験
わさび@制作部
etc...
タグ
(1962)
(1709)
(444)
(408)
(239)
(220)
(127)
(112)
(102)
(100)
(68)
(58)
(46)
(39)
(36)
(31)
(20)
(20)
(15)
(12)
Ninja_blog-top
  • ©ホージャクリエイト
アツヲに訊け!スーパー![63]
   
c0136239_2020387.jpg

 

どこかで誰かの役にたつ「アツヲに訊け!」のスペシャル版!
「アツヲに訊け!スーパー!」第63回!
読書には夜が似合いますね。
ちなみに深夜を表す「24時」という表現。もとは軍事用語ですが、
放送業界には30時(つまり朝の6時)まであります。



 
最近読んだ本はなんですか?
すけママ(32歳・女)


 本好きは自分の読書遍歴を簡単に口外したりしない!読書がしたければ、とにかく鬱々とした気持ちを抱えて本屋に向かうのが一番だ。もしすけママの心に不足しているものがあれば本棚を前にした瞬間、何を読むべきかすぐに分かるだろう。喉が渇いて目が覚めた夜に冷蔵庫を開けた時のようにな。まず本屋に行きたくなる3冊をライトな順に挙げておく。

■「本の虫の本(創元社)」
 業界の異端児たちによる贅沢な読書あるある本だ!気軽に楽しめる掌話の秀逸さもさることながら、何より本という物体を知り尽くした「読ませる仕組み」が随所に潜んでいる。今時珍しい気合の天アンカット製本。電子書籍などいらん!

■「紙つなげ!再生・日本製紙石巻工場(早川書房)」
 東日本大震災で被災した製紙工場奇跡のスピード復活ノンフィクション!読書家なら自分の好きな本の紙が、どの製紙工場の何号機で作られてるかくらい知ってるよな!

■「立花隆の書棚(中央公論新社)」
 こんなのを読み通したら、きっと本屋に行く体力なんて残ってないぞ!いわゆる本のカタログだが、著者は田中角栄を政権から追い落とす発端となった人物でありながら、後年ジブリアニメ「耳をすませば」で主人公のお父さんの声も当てている!

 ちなみにこいつ本なんて読まないな、というやつには「純粋理性批判」と「ユークリッド原論」を完全に理解して「失われた時を求めて」のあらすじを諳んじ、「カラマーゾフの兄弟」の登場人物相関図を完璧に書くことを勧めれば良い。なんて文学的な読書指南だろう、実行した者が幸せになれるとはとても思えない。少しでも本に熱中した経験のある者ならば読書にグランドスラムがないことは知っている。ネットでより多くの賛同を得られる価値観のみが正義とされる社会で、自分だけの一冊を見つけて、作中の悪党に共感して涙を流すことはもはや背徳行為である。だが断言しよう。遠い将来、本よりインターネットの方が先に無くなる!

 さらに、ちょっとした読書の冒険をしたければ個人経営の小さな本屋を探索してみても良いだろう。最近は出版取次を通さずに店主のセレクトで運営される尖った本屋が日本各地に出現している。こういう本屋は地元でのみ流通するリトルプレスやマニアックなフリーペーパーとの出会いも期待できるし、ごく少量しか発行されていないためISBNコードすらない本も並べられ、SNSならぬNSN(ナマ・ソーシャル・ネットワーク)のハブを形成しつつある。平積みのベストセラーをあえて避けるのも、本との出会いの精度を上げるテクニックである。
では諸君、本に戻ろう。読書家の夜は深いぞ!




フリーペーパーHoo-JA! オフィシャルサイト

by hoo-ja986 | 2018-11-21 18:08 | アツヲ@営業部 | Comments(0)
<< 幸運 Hoo-JA!342号 配布開始 >>