フリーペーパーHoo-JA!公式BLOG。編集部の日常と取材裏話。新居浜と西条のマニアックスポット探訪も。
by フリーペーパーHoo-JA!
検索
最新の記事
アツヲに訊け!スーパー![最..
at 2019-02-20 19:11
アツヲに訊け!スーパー![68]
at 2019-02-06 19:41
本物の鳩サブレー
at 2019-01-28 15:20
寒い
at 2019-01-27 22:52
アツヲに訊け!スーパー![67]
at 2019-01-23 19:51
食べ過ぎ注意
at 2019-01-16 10:22
アツヲに訊け!スーパー![66]
at 2019-01-09 19:26
Hoo-JA!345号 配布開始
at 2019-01-08 09:41
七草粥の日
at 2019-01-07 11:53
明けましてです
at 2019-01-06 21:33
2018年最後の締め切り日
at 2018-12-28 11:13
サブレー好き
at 2018-12-25 11:03
もう少しでイブ
at 2018-12-23 23:37
サンタさんになるよ
at 2018-12-21 18:02
アツヲに訊け!スーパー![65]
at 2018-12-19 18:18
Hoo-JA!344号 配布開始
at 2018-12-18 09:29
ホッカイロ最強
at 2018-12-17 17:48
引きこもってます
at 2018-12-16 23:29
ケーキ撮影風景
at 2018-12-13 09:58
美味しさの代償
at 2018-12-11 10:16
記事ランキング
カテゴリ
全体
編集長 
マリリン@制作部
ミキティ@編集部
カトリーヌ@制作部
アツヲ@営業部
GEN@営業部
あゆてぃん@制作部
なう@総務部
アツコ@ポスティング部
☆子@営業部
ターボー@営業部
マゼンダ@制作部
ドイヒー@営業部
学生@職場体験
わさび@制作部
etc...
タグ
(1963)
(1713)
(441)
(408)
(239)
(220)
(127)
(112)
(102)
(100)
(68)
(58)
(46)
(39)
(36)
(31)
(20)
(20)
(15)
(12)
Ninja_blog-top
  • ©ホージャクリエイト
2015年 09月 28日 ( 3 )
お城に登った
 
ミキティです。

今日は月1年で最も地球に近付くため、
1番大きく、明るく見えるスーパームンらしいですよ!

月撮影をするぞ!と張り切っている
ホージャスタッフも…。

私は全身に月明かりを浴びて、
月光浴しようかと思っております。

さて、この土日も暑かったように感じます。
汗をかきながら向かった先は
松山城。

所用で松山に行ったついでに、
松山城に行ってきました。

実は…人生初でした。

c0136239_19135368.jpg



新居浜にも金子城跡はあります!
展望台のところに石碑が建っているのですが、
昔はどんな感じだったのかな〜なんて
考えるのもいいものですよね。


 
 
 
 
 
 
フリーペーパーHoo-JA! オフィシャルサイト
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
by hoo-ja986 | 2015-09-28 19:26 | ミキティ@編集部
おいしく予防
ども。

パリッとタイプのソーセージの
庶民のスーパーで売ってるヤツの中で一番美味しいやつはどれなのか
…という疑問を解決できないまま
一生を終えそうなマリリンです(悩



さてさて
ごーごーきてる食欲の秋。


c0136239_1726176.jpg

水色水色



まるであの日と同じでございます(怯
c0136239_1726259.jpg





毎日の筋トレも
ただただご飯が美味しいという結果のみ…


なんでしょねコレ(知らんがな




ま、そんなどーでもいいことは置いといて。

今日はぽかぽか陽気の中
なぅちゃんがコレを買ってきてくれました。

c0136239_1726488.jpg

毎年恒例の柚子茶




コレのんでると風邪ひきにくくなるとか
力説してしまったので

今年は鼻毛切り過ぎて風邪ひかないように
気をつけようと思います。



そんな中(どんな中だよ
今週はHoo-JA! 267号締切週。


次はいよいよお待ちかね
お祭り直前号ですよ!!!

来週火曜日からの配布を
お楽しみに〜
 




フリーペーパーHoo-JA! オフィシャルサイト
 

 
by hoo-ja986 | 2015-09-28 17:33 | マリリン@制作部
太鼓祭りポスター考
 
今回は過去最高の長文の編集長です。
でもその半分以上は 「過去のテキスト丸写し」 です。

この言い回しで「団の面目丸つぶれ」を思い出しました。

ちょんわ ちょんわ。



本日は新居浜市横水町、新居浜建技労で開催されております、
「太鼓祭り今昔物語」展にお邪魔させていただきました。

昭和53年から平成27年までの太鼓祭りポスター34種と、
大正〜昭和〜平成の蘇る太鼓祭り写真の展示ということで、
かなり見ごたえのある展示の数々。

残念ながら、展示会場内は撮影禁止でして、
会場内の写真はございません。


c0136239_0343234.jpg



実はこの各年代のポスター、
新居浜市内の社会福祉法人が持っておりまして、
今回の展示会も、
その社会福祉法人花咲会、
「福祉サービス事業所 どんでんどん」様からお借りしての展示となっています。


2006年、「どんでんどん」で、ポスターの展示会があった際は、
Hoo-JA!でも記事にしておりました。


c0136239_0281364.jpg
2006年10月7日号 VOL.51



今から8年前の記事ですが、
今回の「太鼓祭り今昔物語展」開催に関連しておりますので、
当時の記事をご紹介。







新居浜太鼓祭り ポスターの変遷へんせん

(2006年10月7日号 VOL.51 掲載)



「新居浜太鼓祭りB1サイズポスター」。
市内はもとより市外県外の主要駅などにも貼られ、
「太鼓祭り」を全国にPRする重要ツール。
このポスターは資料の残る限りでは
新居浜市が昭和42年から製作しており、
昭和51年度から現存する。
製作をしなかった年度もあるが、
毎年1台の太鼓台をメインに勇壮な姿を映し出している。
初期の頃は複数の太鼓台を撮影したものも。
ポスターの細かなところを見ていると、
「指揮者の立ち位置」「ジャージ姿」など、細部に時代の変化が。
また宇高連絡船の表記や
「いい日旅立ち」「エキゾチックジャパン」など、
国鉄(現JR)の懐かしいキャッチコピーも表示される。
「どんでんどん」に展示される一番古いポスターは昭和53年度版。
差し上げられる岸之下と萩生西、2台の太鼓台の勇壮豪華な姿と、
太鼓台を支える力強いかきふの手にもスポットが当てられている。

製作を担当する新居浜市運輸観光課では、
基本的に年度ごとに市内各地区を順番に取り上げ、
過去にポスターになっていない太鼓台を選ぶとのこと。
過去に掲載のない地区のみなんさん、来年はチャンスかも!?


しかし、平和運行の実施はもちろん、
天候などの撮影条件、シャッターチャンスのタイミング等々、
どの太鼓台が選ばれるかはわからない。
現在新居浜市内に50台の太鼓台があるので、
単純計算でポスターになるのは50年に一度。
「もう死ぬまでうちの太鼓台はポスターにならんわい…」
といった諦め声も。
また、
「俺の指揮者姿をポスターで飾りたい!!」
と言っても、被写体として撮影される指揮者は4人のうちの1〜2人、
それに地区内で指揮者として選ばれる要素なども含めると、
その確率は天文学的な数字(大げさ?)。
アツイ太鼓台への情熱と、
運にも左右される、まさに「選ばれた指揮者」となる。


平成7年度と10年度はポスター製作されていないが、
「どんでんどん」には平成10年度版が展示される。
10年度版をよく見ると、ポスター下部に小さく複数の企業名が。
市のポスターが製作されなかった理由は定かではないが、
「同等のものを作ろう」
といった新居浜人の心意気もうれしい。


〜中略〜

どんでんどんの施設長は

「抜けている年度もあるので、もしポスターが押入とかで眠っているのであれば、どんなに痛んでいても構いません。ぜひお譲りください」とのこと。

昭和56年度ポスターは現物はなく、偶然に見つかった元写真(文字無し)を展示している。

昭和42年から数えるとすでに40年近く。
奇跡かもしれないが、すべての年度が一同に揃う
「太鼓台ポスター展」、
いつの日か、見てみたいたい。


(2006年10月7日号 VOL.51 掲載)









というわけで、会場内撮影禁止で
8年前のバックナンバーを引っ張り出してのご紹介。
ちなみに当時の記事中に記載した、ポスター掲載の太鼓台表は以下の表。

c0136239_152627.jpg





2007年以降は、当然表には掲載がありませんので、
ぜひとも新居浜建技労2階の輪音ホールでご確認を。






さて、今回久しぶりに年代のポスターを見て、ふと思ったこと。


太鼓台のポスターといえば、
1台の太鼓台がバ〜ン!と掲載されるイメージが強くありますが、
2008年から2014年まで、各地区の名場面を「組写真」的に使っております。
これについては、

「50年に一度の掲載スパン 短縮説」

とか、過去にも聞いたことがありますが、

「フィルム写真とデジタル写真の狭間」ってのが、
あるんじゃないか?と勝手に推測。


ポスターに選ばれる写真、その選出方法は詳しく知りませんが、
たぶん観光協会などが主催する写真コンテストに応募されたものの中から、
写真の良し悪し、その構図などで選ばれると思います。(個人の推測)


で、写真コンテストに応募し、
ポスターに掲載されるような写真を撮る方は、
高性能な一眼レフカメラを持ち、
高度な撮影技術をお持ちの方だとも。

古いポスターってのは、もちろんフィルム一眼レフでの撮影。
デジタルカメラなんて無いですから。


で、デジタル一眼カメラの歴史を調べてみますと、
2000年頃まではその画素数は200万〜300万画素。
1995年12月に「キヤノン EOS DCS1」(画素数600万)が発売されていますが、
発売時の価格はまさかの3,600,000円

2001〜2003年になると、その画素数も500万から600万画素に上がりますが、
600万画素で大きく印刷できるサイズは、おおむね六つ切サイズ程度まで(理論値)

2007年になると、富士フィルム、ニコン、オリンパス、キヤノン等々
各社1000万画素前後のカメラを投入しますが、
2007年8月発売の キヤノン EOS 40D(1010万画素)
ボディ価格で15万円前後と、
アマチュアカメラマンにも購入できる価格帯となってきます。

この2007〜2008年頃から太鼓台ポスターに使われる写真は、
デジタル一眼カメラにて撮影された写真に移行しているのでは? と、推測。

これまでは、フィルム一眼カメラで、
大きく引き伸ばせるポジフィルムで撮影していたカメラマンの皆さんが、
デジタルカメラに移行して行ったのでは?

ただ、当時の画素数1000万画素では、
B1サイズ全体に引き延ばすにはまだ画素数不足。
でも、A4サイズくらいまでなら印刷にも耐えれる画素数。

だから、B1サイズ全体を埋めるのではなく、
最大がA4程度で複数の地区の組写真にしたのでは?
で、その組写真のパターンで、
「昨年実績だから」と、
数年の間、組写真パターンで作ってきたんじゃないかと?

とデジタル一眼レフカメラの歴史と、
太鼓祭りポスターの歴史を合わせますと、
そんな仮説が立つのですが、どうでしょう?


そんな組写真仕様のポスターも去年で終了し、
今年2015年は金栄太鼓台の躍動感あるポスターとなりましたが、
よくよく見ると、画像がちょっと荒い…。

c0136239_0305882.jpg



最初見たときは、わざと加工しているのでは?とも思いましたが、
たぶんカメラの画像サイズが低いまま設定された、
大きく引き延ばすにはちょっと無理がある写真が
構図の良さだけで選ばれたのでは?と思います。


と、年代別に並べられたポスターを見て、
勝手な想像をするワタクシですが、
そんな「太鼓祭り今昔物語」展。

9月30日(水)まで開催中です。






「太鼓祭り今昔物語」展

日時 9月25日(金)〜30日(水)10:00〜16:00
場所 新居浜建技労 2階  輪音ホール(新居浜市横水町)





 
 
 
フリーペーパーHoo-JA! オフィシャルサイト
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
by hoo-ja986 | 2015-09-28 00:34 | 編集長