フリーペーパーHoo-JA!公式BLOG。編集部の日常と取材裏話。新居浜と西条のマニアックスポット探訪も。
by フリーペーパーHoo-JA!
検索
最新の記事
お手玉の日
at 2018-09-20 10:44
アツヲに訊け!スーパー![59]
at 2018-09-19 19:58
Hoo-JA!338号 配布開始
at 2018-09-18 15:09
祝日だけど営業だよ
at 2018-09-17 17:44
ドイヒークッキング
at 2018-09-16 23:30
ちょっとした悩み
at 2018-09-15 23:59
締め切り前
at 2018-09-13 10:11
良き日
at 2018-09-12 09:55
台風やら地震やら
at 2018-09-09 23:05
秋を感じた
at 2018-09-08 23:59
氷ネタ
at 2018-09-07 09:46
アツヲに訊け!スーパー![58]
at 2018-09-05 20:32
Hoo-JA!337号 配布開始
at 2018-09-04 09:56
今年最強級
at 2018-09-01 23:59
夏ももうすぐ終わり
at 2018-08-29 17:22
まだまだ暑い
at 2018-08-26 23:07
いつのまにか
at 2018-08-25 23:59
冷えは禁物
at 2018-08-24 17:56
アツヲに訊け!スーパー![57]
at 2018-08-22 18:36
悪魔のおにぎり
at 2018-08-21 12:05
記事ランキング
カテゴリ
全体
編集長 
マリリン@制作部
ミキティ@編集部
カトリーヌ@制作部
アツヲ@営業部
GEN@営業部
あゆてぃん@制作部
なう@総務部
アツコ@ポスティング部
☆子@営業部
ターボー@営業部
マゼンダ@制作部
ドイヒー@営業部
学生@職場体験
わさび@制作部
etc...
タグ
(1948)
(1688)
(439)
(407)
(233)
(213)
(126)
(111)
(98)
(96)
(65)
(58)
(46)
(39)
(34)
(31)
(20)
(18)
(15)
(12)
Ninja_blog-top
  • ©ホージャクリエイト
2017年 10月 04日 ( 1 )
アツヲに訊け!スーパー![36]
   
c0136239_2020387.jpg

 

ネットだけで読める「アツヲに訊け!」のスペシャル版!
「アツヲに訊け!スーパー!」第36回!
今回は忙しくても読める箇条書き!


 
明日、30歳の大台にのるのですが、歳をとっていくことが不安です。どうすればいいですか?
ひよこ(29歳・女)


 ティーンエイジに抱えたアイデンティティのスクラッチ&ビルドもある程度落ち着き、人によって20代というのは世界の全てが自分を中心に回っているような気がするものだ。「自分には勝利だけがもたらされる!」と信じて疑わない時代というものが人生には確かに存在する。そこにそろそろ別れを告げなければならないという不安は分からなくもない。多分オレにもあったんだろう。

 急を要するようなので、30代になって良かったことを思いついただけ箇条書きで記しておく。気休めになれば幸いだ。

いいこと1 いつか40歳になると分かる

 30代になった瞬間に改めて時間の流れる音を聞いただろう?「一度閉まったドアは二度と開くことはないし、後手にドアを閉めない限り次のドアは開かない」という単純な事実を痛感したはずだ。オレたちは体に、栄養だったり酸素だったり様々なものを絶えず循環させている。時間もそのひとつであり、おかげで俺たちは歳をとることができる。これに目を背けるヤツは時間の流れが止まっているのと同じで、それは「昨日と今日の区別がない」ということだ。目標やゴールの設定もなく、よって反省や葛藤の必要も生じないので精神の成長もない。40歳までに達成したいことを早めに決めておこう。

いいこと2 人生に疲れるけど大丈夫

 オレたち人間はずっと勝ち続けることはできない。いつかは何かに負けるし、一度負けてしまえばその負けを取り消すこともできない。なにかにつまづいた時、改めて呼吸を落ち着かせて顔を上げて初めて気がつくんだ。世界は案外、打ちのめされた人間のために用意されたものがたくさんあるということにな。チョコレート、懐石料理、有給、熱海、布団、スナック、カラオケ喫茶、安めぐみとか、そんなの。

いいこと3 白黒はっきりしなくても平気になる

 30代になると、若いころ暗闇で自分が何につまづいたか、それにスッと光が当たって正体が明らかになる瞬間がある。この経験を経ることで「どうせ今は原因解明なんて無理だ。でもいつか、もっと先ではたぶん分かるよ」と、目の前の問題を一時的に棚上げ状態にすることができる。なんでもすぐにはっきりした回答を要求する原理主義者は、30代以降友達を失うぞ。世の中、良くてもせいぜいオフホワイトだ。

いいこと4 神様が変なことを持ちかけてきても断れる

 もしオレたちが永遠に10代と20代の間を行ったり来たりすることができれば、それは一見素敵に映るだろう。しかし30代になって考えてみるとそんなのは地獄以外のなんでもないことが分かる。そういうことが分かるのって、歳をとることの大きな利点だ。今なら神様だか悪魔だかが目の前に現れて、変な提案を持ちかけてきたとしても、オレは丁重にお断りすることができる。「20代に戻してくれる?気持ちはありがたいけど、いいです。できればこのまま放っておいてください」


 歳を重ねて魅力が出る人間というのは、みんな「若さ」ではなく「いいカオ」を持っている。そのためには、さっさと30代を楽しみ始めた方がいい。その方が40代に入る時の抵抗も減るはずだ。まだ読んでないのなら、三島由紀夫の「金閣寺」を早めに読むこと。内容はほとんど忘れてしまったので詳しく語ることはできないが、時間の流れを恐れるひよこにとって必要なことが、なにか書かれていたような気がする。グッドラックだ!



フリーペーパーHoo-JA! オフィシャルサイト

by hoo-ja986 | 2017-10-04 21:05 | アツヲ@営業部 | Comments(0)